OBS studio ソースの追加と配信・録画の画面に合わせる方法

ソースの追加と、配信や録画の画面にフィットさせる方法。

OBSstudioの小技です。ソースの追加と、ソースで読み込んだ画面を、配信や録画の画面にフィットさせます。

 

ソースの追加と、配信や録画の画面にフィットさせる方法。

 

ソースの追加

追加するソースの種類がこちらです。

・映像キャプチャデバイス…キャプチャーボードでつないだゲームを映します。
・ウィンドウキャプチャ…開いているウィンドウを映します。
・画面キャプチャ…パソコンの画面を映します。

画面左下あたりにある、ソースの箱の中の何もないスペースで、右クリックします。

すると、いろいろな種類の取り込み方法の一覧が表示されます。

使いたいソースを選んでOKで完了です。

ウィンドウキャプチャの場合、ウィンドウの選択肢は、開いているウィンドウの中から選択・変更できます。

ウィンドウキャプチャでの注意点がひとつ

ウィンドウを「最小化」していると、選択肢にでてきません。ウィンドウを開いた状態で、ソースの設定をしてくださいね。

 

配信や録画の画面にフィットさせる方法

赤い枠で囲まれている部分が、読み込んだウィンドウなどの全体サイズです。

おそらく、はみだしていると思います。

赤い枠が見えている状態で、上のほうの「編集」から、「変換」そして「画面に引き伸ばして置く」を選択します。

これで、読み込んだ全体が、配信や録画できるようになります。

別の操作中に、あやまって動かしてしまわないように、作ったソースの右にある、カギをかけておきましょう。

お役に立てたらうれしいです。

 

中古パソコンなら、こちらがオススメです。



OBS Studioでゲームを録画するパソコンなら、このスペックで。

Windows11 16GBメモリー

迷ったら、メモリー16GBのこれ。おなじお値段で、Windows11に変更可能です。

あわせて読みたい

 

ゲームに動画録画に必須なキャプチャーボード。

キャプチャーボードBasicolor3217は、初めてのキャプチャーボードに最適。

安いし、つなぐだけで設定完了なところもポイント高いです。

▼キャプチャーボードBasicolor3217のレビュー記事はこちらから。

初めてのキャプチャーボードにピッタリBasicolor3217

 

▼OBS Studioを使うパソコンは、こちらの記事を参考にしてみて下さいね。

ブログを始めるなら中古のパソコンで予算も抑えられて良き。

 

タイトルとURLをコピーしました