せめてみすぼらしくないように。お化粧はじめた理由と良かったこと

スキンケアからはじめることになるお化粧。

 

ところで、お化粧っているの?

お化粧って女性がするものでしょ?

 

もうそんな時代は終焉を迎えたようですよ。

男性の肌も、しっかり女性に見られています!

 

スキンケアで肌の調子を良くして

薄めのお化粧でしっかり綺麗に!

 

お化粧をはじめた理由

 

いつも見なれているはずの自分の顔。

 

いつものように、朝の洗顔していたら、なんか顔、変じゃね?

いつの間にか、シミやらいっぱい?

なんでこんなに荒れてるん?

 

いちど気になりだすと、毎朝毎晩、鏡を見るたびに気になってしょうがない!

 

ってことで、ネットで検索。

「知らないものは探さない。」

こんなにいっぱい情報ってあるんだ。

 

このままいったら、ひでー顔になりそうなので、遅ればせながらお化粧の序章へと突入することになりました。

 

 

あまりにも見ためが酷かった

 

毎日のように見ているものって、小さな変化には気が付きにくいもの。

ある日とつぜん、降ってわいたように気がつきます。

 

そんなボクは、今年で55歳。

男性なのでお化粧にはまったくの無関心でした。

女性が綺麗になれるってことは、知ってはいましたが、お化粧しないとどうなるか?なんて、まったく関心自体ありませんでした。

 

基礎化粧品ってなに?まぁ関係ねーし。

って感じでした。

 

ある日とつぜんのように気がついた肌の異変。

 

「これってヤバくね?」

「なんとかなるのか?」

 

いちど傷んでしまった肌は、元通りにはなりませんが、多少のケアや傷まないようにの対策はできそうです。

 

そんなこんなで、お化粧、やってみるか!ってことに。

まずは、毎日のスキンケアからです。

 

じぶんの顔にホクロがあるのは知っていましたが、シミって自分とは無縁なものと、勝手に思い込んでいました。

もうすでに、お化粧をはじめて半年くらいになりますが、この半年間NOスキンケアだったら?って思うと、今でもゾッとします。

 

スキンケアからはじめてみたら綺麗になれた!

 

お化粧の仕上がりぐあいは、その前のスキンケアで決まる。

これ、本当です。

まったくなにもしてこなかったボクが、スキンケアを見よう見まねで始めてみたら、どんどん肌の感じが良くなっていきました。

今では、スキンケアするのは当たり前。

スキンケアをしないと、気になって気になって眠れないほど。

きっちり習慣にできました。

 

スキンケアで、がさがさだった肌が、次第にもっちりすべすべしてきました。

 

お化粧ってこんなに楽しいんだ!

 

最初のころは、スキンケアだけしていましたが、お化粧について知っていくうちに…

 

こんなに綺麗になれるの?

ボクみたいなおっちゃんでも綺麗になれるか?

 

ってことで、恐る恐るのお化粧スタート。

でもでも、右も左もわかりません。

ここは誰かに教わることに。

 

当時の職場の綺麗な女性スタッフさんにいろいろ教わって、少しずつ少しずつおぼえていきました。

おぼえていくほどに、どんどん綺麗になっていくじぶん。

 

これまでは、呑み会などでは、おしぼりで顔拭いたり、目がしょぼしょぼしてきたら、がっつりこすってしまう。

そんなところも変わっていきました。

 

「そんなことしちゃあ、肌が痛んじゃう!」

 

これ、いまならわかります。

学んだおかげ様です。

 

お化粧方法も、ひとつじゃないので、お化粧に慣れてきたら、バリエーションを楽しむ余裕もうまれてきました。

 

また、ちがう自分になれる!

 

綺麗になれるだけじゃあなく、そんな楽しみかたも発見して、スキンケアからお化粧は、なくてはならないものになっています。

 

まとめ お化粧するって綺麗になって自信にもつながるので、男性もやってみ!

 

 

お化粧は女性がするもの。

そんな固定観念にとらわれてはいませんか?

 

女性陣にヒアリングしてみると、

肌が綺麗だったらよくね?って意見がけっこう多め。

 

紫外線などの影響で、年齢とともに傷んでいく肌。

なんにもしないと、傷むスピードはどんどん加速していきます。

 

ってことで、まずはスキンケア

 

女性の肌にくらべて男性の肌は、水分量が少なくて、脂分は多いそう。

しっかり洗顔して脂分を落として、しっかりめに補水して、女性たちに嫌われないようにしないとですね。

 

スキンケアで肌の調子を良くして

薄めのお化粧でしっかり綺麗に!

 

 

タイトルとURLをコピーしました