破産前夜はこうだった。お金の問題の解決策はあるものよ。2022/10/22追記

毎月の返済額がヤバいことに

 

負債は1000万を越えている。

 

眠れない日々が続く。

 

そんな時、過去に1億越えの借金で自己破産した友人から、弁護士先生を紹介してもらった。

 

桁がちがう。

 

それでも平然と話す友

「お金の問題で悩む必要なんてない、なんとかなるから。」

 

そう言われただけで救われた過去

 

弁護士先生から提案されたのはふたつ

 

自己破産か債務整理か。

今なら迷わず破産する。

 

その時は、申し訳なさから債務整理を選び、10年を返済からの復活に使った。

 

貴重な30代を失った代償は思ったより大きかった。

 

今なら、7年でリセットされる自己破産。

選ばない手はない。

 

自己破産の手続きや自粛生活

 

自己破産の手続きや自粛生活は、正直なところ大変だし、とってもへこむ。

でもね、そこから先の10年くらいを返済で失うなら、懸命な選択だと思うの。

 

両方体験した私だからわかること。

 

相談する当てがなくても、法テラスがある。

勇気を持って相談してみてね。

きっとなんとかなるから。

 

破産前夜はこうだった。

 

お金のことしか考えられず、まったく眠れない。

電話が怖くなり出られなくなる。

ささいなことで大激怒。

しかし、メンタルはお豆腐状態。

人生おわったと思いがち。

体調も崩し、ますます眠れない。

 

どう打開したのかって?

 

弁護士先生に電話し、破産手続きをお願いしたら一発解決したの。

 

そこからがまた長い。

 

電話に出たら罵詈雑言の嵐。

「弁護士先生に破産手続きをお願いしました」と、名前を出したら普通になるの。

 

手続き開始から約一年間は、私生活をはじめ、なにからなにまで丸裸になり、つましい生活を始めることになる。

 

家計簿をつけて、弁護士先生からの指導もあり、けっこうたいへん。

 

この家計簿が、けっこうよくできていて、コピーしていまだに使っていたりする。

 

後日、たまに「家計簿の提出要請」もあるらしい。

 

反省文も書いた。

 

ここも、弁護士先生の修正が入るの。

会社の始末書みたいな感じかな。

 

免責っていうのもある。

 

これが下りないと返済義務が残る。

下りたら、メンタルがちょっぴり回復したの。

 

会社の債務整理と個人の自己破産を経験して思ったこと。

 

お金の問題は、解決策があるものよ。

 

債務整理や自己破産。

決めるまでが地獄。

早めに見切りをつけていい。

 

その理由はこちら。

 

意外と他人に知られない。

破産は7年過ぎたら、またできるので、怖がらずにまた挑戦してよき。

しかし、2回目以降は慎重にね。

 

お金の問題は解決策が必ずある。

法テラスでも、弁護士先生でも、

お願いした費用はかかるけどね。

 

まとめとして

 

毎月の返済額がヤバいことに。負債は1000万を越えている。眠れない日々が続く。そんな時、過去に1億越えの借金で自己破産した友人から、弁護士先生を紹介してもらった。桁がちがう。それでも平然と話す友「お金の問題で悩む必要なんてない、なんとかなるから。」そう言われただけで救われた過去

弁護士先生から提案されたのはふたつ。自己破産か債務整理か。今なら迷わず破産する。その時は、申し訳なさから債務整理を選び、10年を返済からの復活に使った。貴重な30代を失った代償は思ったより大きかった。今なら、7年でリセットされる自己破産。選ばない手はない。

自己破産の手続きや自粛生活は、正直なところ大変だし、とっても凹む。でもね、そこから先の10年くらいを返済で失うなら、懸命な選択だと思うの。両方体験した私だからわかること。相談する当てがなくても、法テラスがある。勇気を持って相談してみてね。きっとなんとかなるから。

 

あわせて読みたい

 

他人の失敗も自分の失敗も、笑い飛ばしてちゃんと聞く成功の法則

 

タイトルとURLをコピーしました