キレイで居るために必要な6つのこと。この6つで、キレイは作れます

キレイで居るために必要な6つのこと。

 

1.スキンケアからのメイク、ヘアメイクなどの美容。

2.清潔感のある服装。

3.優雅な香り。

4.凛とした良い姿勢。

5.たおやかな立ち居ふるまい。

6.華麗で素敵な言葉づかい。

 

全部そろうと、

キレイなオーラを身にまとえるの。

まずは、

スキンケアから始めよう

 

① スキンケアからのメイク、ヘアメイクなどの美容。

 

キレイになるって、楽しいの。

少しずつ変わっていく自分。

そして、どんどん、

お金をかけたくなるの。

 

でもね、食費は削っちゃダメ。

栄養も美容の元だから。

 

ってことで、

ちゃんと、ごはんも食べようね。

 

② 清潔感のある服装。

 

GUやUNIQLOからで大丈夫。

 

さいしょは、

無難でふつうの服装から始めるの。

 

流行の服装も、

興味はあるかもだけど、

ふつうの洋服は、

長持ちするので、

コスパも良き。

 

清潔感は、

ふつうの洋服でも作れます。

 

③ 優雅な香り。

 

高い香水でなくてもいいの。

 

洗いたてのシャンプーや、

石鹸の香りが、

いちばん優雅だったりするものよ。

 

スキンケアをしだして変わったこと

 

少しずつ肌がキレイになっていくのに加えて、

食事や睡眠時間にも、

気を使うようになった。

 

食事のメインを和食にし、

睡眠時間も取るようになった。

ごはんに、納豆、タマゴに、みそ汁、そしてお漬物。

 

たまには、肉も食べないと、

元気が出ないけどね。

 



 

④ 凛とした良い姿勢。

 

スキンケアやお化粧をして、

キレイになっても、

姿勢が悪いと、

台無しになる。

 

コルセットで固めてもいいから、

キリっとした姿勢は、保ちたい。

 

⑤ たおやかな立ち居ふるまい。

 

たおやかってなに?

姿・動作などが美しくしなやかなさま。しなやかでやさしいさま。

 

しなやかに、そして、

やさしい感じで、動作をしてみて。

 

ドタバタしないくらいでOK。

 

ここだけ変えるだけでも、

上品に見えるからね。

 

⑥ 華麗で素敵な言葉づかい。

 

さいごは、言葉づかい。

 

ツヤツヤな肌に髪、

清潔感のある服装、

ドタバタしない動きに、

キリっとした姿勢、

石鹸やシャンプーの良い香り。

 

でもね

「あんなぁ~」とか言っちゃうと、

台無しです。

 

でもね、難しく考えないでね。

ふつうにお話しできれば、それで良き。

 

全部そろうと、キレイなオーラを身にまとえるの。

 

6つのこと。

どれひとつ欠けても、

失望してしまう。

 

決して他人を意識している訳じゃあないのだけれどね。

すべては自分自身のためなの。

 

自己肯定感もあがるし、

気分もあがる。

そんな自信が、

オーラみたくなるものなの。

 

まずは、スキンケアから始めよう

 

 

スキンケアって大切。

50すぎたおっさんがなに言ってんのって?

 

55歳から始めたスキンケア。

若いころからやってたら

「このシミなかっただろうな」

 

手遅れは存在します。

 

でもね、今があなたにとっていちばん若いとき。

さぁ、今日からはじめよう。

スキンケアでキレイになろう。

スキンケアは裏切らないよ。

 

まずは、洗顔、化粧水、乳液からはじめよう。

遅すぎるってことは、ありません。

誰しも今が、いちばん若いからね。

 



 

あわせて読みたい

 

まずは、スキンケアから、はじめましょ。

肌ラボの極潤エイジングケア化粧水と乳液でのスキンケアでつや肌に

 

タイトルとURLをコピーしました