参考にしてみて。スキンケア用品とベースメイクは、ここに落ち着いた

スキンケア用品と、ベースメイクの参考に

 

いっぱい販売されている、

スキンケア用品。

 

そして、

ベースメイク用品。

 

どれが、

あなたに合うのかは、

トライ&エラーが必要ですが、

私のお気に入りが、

参考になったら幸いです。

 

洗顔後は、メラノCC美容液から

 

クレンジングは、

石鹸オフできるコスメを

使っている時は、

洗顔から始めています。

 

石鹼オフできないコスメの時は、

ETVOSのクレンジングを

使っていたりします。

 

そして、

洗顔後は、

メラノCC美容液から。

 

化粧水の

導入液として

使っています。

 

そしてメラノCC化粧水、肌ラボの乳液(無印良品に替えるかも)

 

化粧水は、

メラノCC化粧水。

 

最近使いだして、

サッパリ感が

気に入って使っています。

メンズですがね。

 

女性のかたは、

肌ラボのシリーズから

選ぶと良いですよ。

 

メラノCC化粧水に変える前は、

肌ラボの

アンチエイジングシリーズを

使っていましたから。

 

化粧水で、

肌の水分補給をしたら、

再度のメラノCC美容液。

 

そして、

水分を逃がさないよう、

フタをするために、

乳液です。

 

肌ラボの、

アンチエイジングの乳液が無くなったら、

ここは無印良品でも

いいかなとか思っています。

 

 

ベースメイクは、ETVOS

 

スキンケア後は、

ベースメイク。

 

おっさんの時は、

ベースメイクまでで

おしまいです。

 

それぞれの項目に、

詳細記事へのリンクを

置いておきますので、

参考にしてみて下さいね。

 

下地は、ミネラルインナートリートメントベース

 

下地はETVOSの

ミネラルインナートリートメントベース。

 

ちょっぴり、

お値段お高めですが、

すぅっと伸びるし、

 

プッシュ式なので、

1回の量もムダがありません。

 

香りも、

高級感が感じられ、

いい感じです。

 

ETVOSの技「ミネラルインナートリートメントベース」良かったのでメモ。2022/6/23追記しました。

 

ファンデは、ディアミネラルファンデーション

 

ベースメイクの

仕上げのファンデーションは、

ETVOSのディアミネラルファンデーション。

 

粉系ですが、

専用のブラシを使うと、

うまく薄く塗れますよ。

 

ETVOSディアミネラルファンデーション♯20ピンクで血色改善?

 

ハイライトはミネラルラディアントスキンバーム

 

仕上げの仕上げは、

ハイライトです。

 

ファンデーションまでだと、

どうしても、

のっぺりしてしまうので、

凹凸を付けていきます。

 

鼻すじと、

まぶたに頬に、

上くちびるの先にちょっぴり。

 

来た!つやつやETVOS ミネラル ラディアント スキンバーム

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

スキンケア用品と、

ベースメイクの

参考になったら幸いです。

 

洗顔後は、メラノCC美容液から、メラノCC化粧水、再度のメラノCC美容液、肌ラボの乳液(無印良品に替えるかも)ベースメイクは、ETVOS。下地は、ミネラルインナートリートメントベース。ファンデは、ディアミネラルファンデーション。ハイライトはミネラルラディアントスキンバーム。2022年7月末現在、これで、落ちついてます。

 

▼もしも迷ってしまったのなら、まずはこちらから、お試しください。



▲人気の、ミネラルインナートリートメントベースの、サンプルも入ってますよ。

 

 

あわせて読みたい

 

ETVOSの技「ミネラルインナートリートメントベース」良かったのでメモ。

 

タイトルとURLをコピーしました