そのお借り入れ、減額できたらどうですか。債務整理や自己破産なども

あなたのお借り入れ。

おいくらありますか?

 

状況によっては、

弁護士先生に相談して、

債務整理か、自己破産を、

視野に入れたほうが良いかも知れませんよ。

 

その前に、

長期でお支払いを続けていて、

なかなか減らないよぉ。。

ってかたは、

 

減額できないかを、

ネットで調べてみるのも

いいかも知れません。

 

24時間365日、全国対応で、

無料相談メール受付してくれてます。

さらに、

全国出張面談可能ですよ。



【アース司法書士事務所】

 

お勤めで、いくら借金があったら限界なのか

 

弁護士先生から、

自己破産について、

教えてもらった時のこと。

 

借り入れ金額が、お勤めの個人で、

200万円~300万円を越えていたら、

もう返済は無理だそうです。

 




 

私がやったこと。

 

債務整理、自己破産、

すべてを弁護士先生に相談しました。

 

 

【お詫びとして】

その節は、関係者の会社等々の方々には、多大なご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

今現在、治療に専念しつつ、質素に暮らしています。

また、寛大なるご配慮をいただき、感謝しております。

今後はこのようなことのないように、重々私自身に言い聞かせ、注意深く生きていく所存です。

 

 

債務整理は、弁護士先生に相談しました

 

 

最初の債務整理の時は

いまの弁護士先生とちがう方でした。

 

 

最初の負債は、

会社を立ち上げたものの、

失敗したため、清算しました。

 

個人事業の法人化でしたので、

債務整理をすることに。

 

当時お世話になった、

弁護士先生いわく

「債務整理か自己破産かは、あなたが決めてください。」

とのこと。

 

1000万円くらいの負債でしたが、

債務整理をすることに。

 

10年近くかかり完済することになったので、

自己破産手続きにした方が、

復帰は早かったのかも知れません。

 

まだ若かったので、

返せるなら返したいと考えたから。

 

完済には、かなり無理をし完済したので、

その後、しばらくして、

精神疾患になり、

転職を繰り返すたびに、

再発するようになってしまいました。

 

ようやく、

再発もなくなったころのことは、

つぎのお話しで。

 

24時間365日、全国対応で、

無料相談メール受付してくれてます。

さらに、

全国出張面談可能ですよ。



【アース司法書士事務所】

 




 

自己破産は、法テラスから弁護士先生を紹介していただき相談しました

 

 

その後の自己破産手続きは

ちがう弁護士先生にお願いすることに。

 

 

コロナが、

はじまった時期の

ころのことです。

 

精神疾患の再発と

体を壊したことで、

働けなくなり、

 

法テラスさんから、

弁護士先生を紹介していただき、

ちがう弁護士先生に、

お願いすることにしました。

 

すでに心療内科へ通っていたのと、

体もぼろぼろだったこともあり、

生活保護と自己破産をお願いすることに。

 

弁護士先生の予想通り、

心身ともに疲れきっていたため、

弁護士先生に同行していただき、

手続きを進めました。

 

まとめ

 

 

債務整理に、

自己破産、

そして、

生活保護。

 

私自身、

まったくの他人事でした。

 

会社を清算するまでは、

精神疾患になるまでは、

体を壊してしまうまでは、

 

まったくの他人事でした。

 

明日は我が身。

先人の残してくれていた、

この言葉を、

すっかり忘れていました。

 

反省しかありません。

 

24時間365日、全国対応で、

無料相談メール受付してくれてます。

さらに、

全国出張面談可能ですよ。



【アース司法書士事務所】

 

あわせて読んでみて下さい

 

3記事、用意しております

 

ザックリの失敗談と、

債務整理の時のこと、

精神疾患の再発と体を壊し、生活保護と自己破産にいたったこと

 

の3つです。

 

ぜひぜひ参考に読んでみて下さい。

 

18才から働きだし、失敗体験をざっくり知りたい方は、この記事を

失敗だらけの人生から復活するには失敗談を知っとくといい。私の場合

 

債務整理の時のことはこちらから

会社失敗からの債務整理は弁護士先生に相談したけど復活はできたのか

 

精神疾患と体を壊してからの時のことはこちらから

ブログとライター始めるも適応障害と社交不安障害を再発しどうなった

 




 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます

 

どうか、

これを読んでくれているあなたが、

私のような失敗をなさらないように、

切に祈るばかりです。

 

 

【お詫びとして】

その節は、関係者の会社等々の方々には、多大なご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

今現在、治療に専念しつつ、質素に暮らしています。

また、寛大なるご配慮をいただき、感謝しております。

今後はこのようなことのないように、重々私自身に言い聞かせ、

注意深く生きていく所存です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました