パソコン容量がなくなったので外付けハードディスクドライブを買った

パソコンの容量がいっぱいになった

 

いつのまにかいっぱいになった、パソコンのドライブの容量。

しかしパソコンを新調するだけのお金がねー

 

ちょうどそんなタイミングでGoogleアドセンスの初入金

神様ってほんとにいるんだろうかってタイミング。

 

さっそく外付けのHDDを買ってつなぎました。

1000円ほど足はでたけどパソコンはスッキリ。

 

外付けのHDDの容量は2TB。半分くらい使ってしまいました

2TBにしておいてよかったぁ~。

 

▼買ってみた結果はツイートにしてみました

 

 

外付けのHDDを買ってデータを移してみたら

 

外付けのHDD(ハードディスクドライブ)

今の主流はSSDなんだけど、

ここは値段と容量と速さを天秤にかけてみて容量重視にしてみました

 

結果はHDDにして正解でした。

 

そんなにストレスがあるほど遅くはなかった(私の主観です)のと、

パソコンの空き容量がいっぱいできて、

まだ外付けHDDの空き容量も1TBほど残っているので、

しばらくまだ使えそうです。

 

正直なところほっとしています。

Google先生のアドセンスもやっててよかった

Google先生ありがとうございます!

 

では、ここからは使ってみた感想と、

良かったとこといまいちだったとこを残しておきます。

 

使ってみた感想

 

パソコンのスペックは、どうしても書いとかないと、比較しにくいと思うので書いておきます。

 

いまメインで使ってるパソコンのスペックは、Windows10の64ビット、インテルの i5。4210M CPU @ 2.60GHz 2.60 GHz、メモリーは16GB、HDDは500GB

 

Windows11にはCPUのスペックが足りないらしい。

 

Windows10のサポート終了までには、まだ時間的な余裕はあるのと、

Windows11の初期不良を回避するために、ここはHDDをひっつけて解決です

 

写真や動画テキストやブログのバックアップなどなど、すぐに使わないと思われるデータはすべて外付けHDDに移動させました。

 

先ほども書きましたが、わりとスムーズにデータの移動ができましたし、主観ですがストレスはなかったです

 

▼結果はツイートでどうぞ。

 

 

よかったとこ

 

SSDにくらべてHDDだと、おなじお値段だと容量がどうしてもSSDは少なくなってしまます

今回はデータの移動が目的だったので、容量重視でHDDにすることに。

 

パソコンのUSBにつなぐとすぐに認識し使えるようになりました。

 

データを移してみてびっくり。

2TBの半分くらい使っちゃいました。

 

パソコンのHDDの容量が500GBなのにおかしくね?って思ったそこのあなた。

いいところに気がつきましたね。

 

そうなんです、実はこれまで容量の関係で、パソコンの復旧のためのバックアップなしで使っていたんです。

 

こえー。

あぶないあぶない。

 

パソコン復旧のためのバックアップも外付けのHDDに

 

それと、クラウドに置いてたデータもHDDにバックアップを取っておくことに

 

ってことで1TBちかくのデータになることになりました。

 

いまいちなとこ

 

いまのところ、目立ったいまいちなところはなかったりします。

あえて探して言うなら、USBポートがひとつ常時うまってしまうこと。

 

そしてこれはこのHDDに限ったことではないのですが、データは探しやすいように移動させたほうがいいですよ。

 

まとめ

 

今回Googleアドセンスの初入金で買ってみた外付けのHDD。

 

USBポートが常時ひとつうまってしまうものの、

パソコン本体の容量の空きができたのと、

外付けのHDDのほうにも1TB近くの空きがあるので、

精神的にとっても楽になりました。

 

メンタルの平和は大切です。

 

▼結論のツイートです

 

 

あたまにも外づけHDDが欲しいなぁ。とか。

 

あわせて読みたい

 

USBポートがうまってしまう。と言えばゲームの配信や録画用のキャプチャーボードでしょうか。

これもまた悩ましいのですが、OBS Studioとかを使うためには必須なのでしかたないですね。

ってことで、参考になりそうな記事を置いておきますね。

 

初めてのキャプチャーボードにピッタリBasicolor3217

 

タイトルとURLをコピーしました