ブログとライター始めるも適応障害と社交不安障害を再発しどうなった

まず結論。失敗を避けるためには

 

時代の変化にどう対応していくか。このあたりの柔軟な思考と行動が必要。そう、幕末の坂本龍馬のごとく、今日会ったら拳銃持ってた。明日会ったら本に変わってた。自分の基本能力は変わってなくても思考と行動は変えていく。

 

まわりの意見の取捨選択。時代を読んでくのが難しいなら即対応していくのが正解。

 

まだ大丈夫って思いはじめたら「ちょっと休んだら」っていう危険信号です。

 

 

これまでのこと。18才からの失敗の歴史。

 

昭和59年あたり(当時18才)からのこと。バブルの後期。少し前ならバブルの絶頂期。そろそろバブルのはじけるちょい前のところから。

 

喫茶店+楽器、22才営業~販売員あかん、35才ホムペ作成で失敗…債務整理。38才工場勤務→42才ホテル清掃の仕事で返済、不安障害なる。薬飲みつつ清掃会社点々し治る。ブログとライター始めるも適応障害+社交不安障害再発で55才自己破産手続き中+生活保護中なの。

 

今回に記事では太字のところを深掘りしていきます。

ひとつ前の記事、会社失敗からの債務整理は弁護士先生に相談したけど復活はできたのかからの続きです。

 

 

ブログとライターを始めた

 

退職に至るまで、いろいろな副業的なことをはじめてみた。その結果、ブログを残して続けることに。ブログを書いていくため、必要なことのひとつにライティングがあります。SEOライティングやセールスライティング。

 

まだまだというか日々必要なスキルは変化しているので、学びながら書いていくことになるのですがね。これがまた楽しい。レビュー記事のライティング依頼も少しずつ来だしていたころだったので、思い切って退職して集中することに。

 

ところがここで想定外のことが起こってしまいます。

 

適応障害+社交不安障害再発

 

ライティングの仕事を何回か受けたころ、体調とメンタルに変化が。これってヤバくね。そう、治ったと思ってたときと同じ感じ。さっそく心療内科へ。診察結果は適応障害+社交不安障害。先生いわく鬱かな。

 

実は、10年ちょいの体力仕事で体がヤバいことは自覚していた。それでもパソコンに向かう仕事ならいけると思ってた。やっぱり私の予想って甘いのかと思わされた。どんな時でも自信過剰になるのは良くないですね。そして、今の心と体の状態でできることしかできないんだってやっと気がついた。

 

いったん精神疾患になってしまったら、たとえ処方薬が不要になっても、元の自分には戻れないんだってひしひしと実感した。1年ほど試行錯誤して働きながら色々挑戦し、ブログやライターならいけるって思って退職したのにね。

 

ある程度の成果はあったけど精神疾患を再発。働きながら2足のわらじの無理がたたったのか。まだまだ無理禁だったんだって気がついたときはもう遅かった。

 

まだ大丈夫って思いはじめたら「ちょっと休んだら」っていう危険信号です。

 

 

自己破産手続きと生活保護申請してみて気がついたこと

 

体力仕事で体は壊してた。それでも頑張ってみたけど病気が再発。適応障害と社交不安障害って診断。年齢のせいなのか、前回の発病の時みたく働けそうにない。わりと調子のいい時に弁護士にお願いし、自己破産手続きと生活保護の申請同行してもらう事に。

 

現在、自己破産手続き中の生活保護中。質素に過ごしてます。月のほとんどの時間は薬をのんで寝てます。たまに調子のいい時間に、生活らしい事やツイートしたりブログ書いたりしています。納期が決まってるライターの仕事は中断しています。

 

もう半年以上の時間を自分と向きあっています。それでもまだ、ときどきがっつり書ける時はある。最高潮だったときみたいに毎日1万文字はもう書けませんがね。

 

ツイートでは、年の変わり目だったので、これまでの失敗談をまとめてみました。成功談はネットにもたくさんあるけど、失敗談はあまりないので誰かの参考になるかなと思ったので。

 

 

 

とういうことで、今できることまとめてみます。

 

いつも注意していること

 

この7つのことは、ときどきツイートしたりして思い出しながら実行しています。まずは普通に生活できたり、良い記事をたくさん書けるように、病気を治していかないとですから。それと、私は書いとかないとまた無理してまたぶっ倒れてしまいますから。

 

①薬をちゃんと飲む

②ちゃんと寝る

③眠れない時は眠剤薬飲む

④超短い動ける時間に、食べる、風呂入る、体動かす

⑤まだいけそうならツイートする

⑥も少しいけそうならブログ書く

⑦辛くなったら強制終了して薬飲んで寝る

 

これをいま徹底しています。体とメンタルが資本ですから。私の場合は気がつくのが遅すぎなんですがね。

 

まだ大丈夫って思いはじめたら「ちょっと休んだら」っていう危険信号です。

 

 

感想と後記

 

スマホやネット環境、そしてSNSがなかったらと思うとゾッとしています。いろいろなサービスや技術開発をしてくれている人たちには感謝しかありません。

 

特に布団で横になっていてもできるTwitterには助けられています。処方薬や眠剤を服用しても、眠れないときもありますから。

 

この記事を読んでくれているみなさんも、決して無理だけはしないように気をつけてくださいね。

 

▼18才からこれまでの失敗談のまとめ記事です▼

失敗だらけの人生から復活するには失敗談を知っとくといい。私の場合

 

喫茶店+楽器、22才営業~販売員あかん、35才ホムペ作成で失敗…債務整理。38才工場勤務→42才ホテル清掃の仕事で返済、不安障害なる。薬飲みつつ清掃会社点々し治る。ブログとライター始めるも適応障害+社交不安障害再発で55才自己破産手続き中+生活保護中なの。

 

それぞれの時期の記事部分に、それぞれの深掘り記事へのリンクを載せています。よろしかったら参考にしてみてくださいね。

 




 

 

あわせて読みたい

 

借金の借り入れいくらありますか?債務整理?自己破産?弁護士相談?

 

 

タイトルとURLをコピーしました