【自分の中に毒を持て】岡本太郎 著を読んだ感想

こんにちは、にいけんです。今日も来ていただいて、ありがとうございます!今回は【【自分の中に毒を持て】岡本太郎 著を読んだ感想】です。読書継続中ですが、これは!ってとこが出てきたのでシェア。

シェアしようと思ってしたツイートがこちらです。前回のツイートも引っ付けています。

ツイートから抜粋、ちょっと感じたこと書いときます。

・そもそも99%の人が失敗する
・逃げたらそこで終了
・たとえ失敗しても挑戦したら爽快
・挑戦して失敗→再挑戦のキップが手に入る・自信なくても、やる決意する
・全身全霊でやる
→情熱や意志が出てく

…そもそもほとんどの人が何もアクション起こさないので、ここまでできたらこっちのもんかもしれない。でも継続しないと意味がない。反対されたりした時どうする?

・自分に対してのプライドを持つ
・プライド=これが自分だ!
→他に対してのプライド=偽物

…イケハヤ学長のYouTubeでも語られていますが、“頑張るを笑う空間には居てほしくない”の発展形です。みんなそう言うけど笑うけど「自分はやる!」でOK!我が道をいきましょう!

成功者と言われているかたたちは、みんな何がしか継続しています。最低条件のようですので、“千里の道も一歩から”70%~80%くらいで、コツコツ更新しようと決意している、にいけんです。

なにか始める継続するためのお力になれたらうれしいです。

今日も来ていただいて、ありがとうございます!
にいけん

=PR=気になったらどうぞ
amazonで購入してみる
自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)

コメント



タイトルとURLをコピーしました