お化粧の順番と種類。男性もナチュラルメイクできれいになる時代

かわいい男の娘が増殖中。

今年はもっともっと

増殖しそうな予感。

 

みなさんとっても、

レベル高いですね。

 

しゃべってみても

ぜんぜん女性ってことも

至ってふつう。

 

そこまでいくかは

別にしても、

お化粧くらいは、

おぼえておいて

損はなさそう。

 

幸いにも、

ナチュラルメイクが主流なので、

この機会に、

がっつりお化粧おぼえておきましょう。

 

きっと世界が変わります。

まいにち楽しくなること請けあいですよん。

 

 

▼この記事でわかること▼

・お化粧の順番と種類がわかる

・それぞれの、こまかいところは別記事で書きますね

▼どんな人が書いてるの?▼

・お化粧はじめて3年目の♂

・プチ女装をはじめてみてるとこ

・コスメなどのレビュー記事を書いてます

▼お化粧ってなにから始める?▼

1.スキンケア
 ∟(導入液)化粧水
 ∟美容液
 ∟乳液
2.ベースメイク
 ∟化粧下地
 ∟(コンシーラー)
 ∟ファンデーション
 ∟UVパウダー
3.ポイントメイク

4.ウィッグ

 

お化粧するということ

 

今は昔、

えらいさん達は、

おしろい塗って、

表情隠して、

こちらの心を悟られないように

していました。

 

そう、

領地の取り合い作戦の、

一環からはじまった

だましあいの「お化粧」

 

現在は、

キレイになるための、

お楽しみ作戦の

強い味方になっています。

 

男性も女性も、

いつまでも

若々しく居たいもの。

 

いろいろ学んで

身につけて、

キレイになって、

楽しみましょう!

 

いろいろあってわけわかんないけど

 

ググってみたら、

いろんなコスメが

山のようにでてきます。

 

さいしょは、

なにがなんだか

わかりません。

 

それってふつう。

 

いっぱいあり過ぎなんだょコスメ。

 

でもでも、これって

「キレイになりたい」

「こっちのほうがよくね?」の、

あくなき追及の結果の産物。

 

お化粧自体が、

なくなることもなさそうです。

 

お化粧の、

基本的な手順や

コスメが揃っているのも、

これまでの先人たちの

試行錯誤の賜物です。

 

お化粧ってなにから始める?

 

わかった。

さあ、お化粧はじめる!

ってなったときの、

さいしょの壁は

「なにからすんの?」

 

いまでは、

基本的な王道的手順もあるので、

ここはいったん従ってみましょう。

 

守破離の精神です。

 

スキンケア

 

さいしょの最初は、

スキンケア。

 

お肌のお手入れからはじまります。

 

スキンケアでやることは、

おおまかに3つ(4つ)。

 

さいしょの(導入液)は、

あったほうがいいかもな、

さいきん鉄板になってきてる導入液。

 

(・導入液)

・化粧水

・美容液

・乳液

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

(導入液)化粧水

 

化粧水は、お肌の水分補給。

 

女性とくらべて、

男性は水分少なめ。

てか、むっちゃ少ないです。

 

そのかわりに、

脂分はむちゃ多め。

 

化粧水での水分補給は、

お肌の張りやぷるぷる感にもつながるので、

しっかり補給するよろし。

 

導入液は、

化粧水の前に使う

「化粧水を、より吸収しやすくするための、準備用。」

余裕があれば、

是非とも使いたいところです。

 

美容液

 

化粧水が水分補給なら、

美容液は、その名のとおり、

美容成分の補給です。

 

ヒアルロン酸とかは、

このカテゴリー。

 

この美容液を塗ったら、

お肌がもっちりしてきます。

いい感じです。

 

乳液

 

水分補給と美容成分の補給がすんだら、

スキンケアの最後は乳液です。

 

これは、

化粧水と美容液で、

補給した水分と美容成分を

逃がさないようにするフタの役割。

 

なので、

少なめでもOKです。

てか、

塗りすぎ禁止です。

 

ここまでできたら、

けっこうお肌は、

もっちりぷるぷる。

 

お化粧の乗りもちがってきます。

 

お次は、

お化粧の仕上がりにもかかわってくる、

ベースメイクです。

 

※スキンケアは、

お化粧しない日もやっておくと、

お肌の調子がぜんぜんちがいますょ。

 

ベースメイク

 

ベースメイクは、

お化粧下地、

ファンデーション、

仕上げなどのUVパウダーの

3つが一般的。

 

それぞれ形はいろいろ。

チューブ状、パウダー状、その中間、

さいきんはクッションなども出てきて、

混沌としています。

 

またまた、下地のいらない、

CCクリームやBBクリーム、

DDクリームなんかも出てきているので、

ますますわかりません。

 

基本はこれ。

・化粧下地

(・コンシーラー)

・ファンデーション

・UVパウダー

 

化粧下地

 

化粧下地ってなんでいるの?

そう思ったそこのあなた。

なかなかいいとこ突きますね。

 

いきなりファンデーションでよくね?

 

石鹼で落とせるファンデーションも

出てきてはいますが、

一般的には、

ファンデーションは

化粧落としでないと落とせません。

 

そんなファンデーションから、

素肌を守る役割りが化粧下地。

 

UVカットやお肌の色補正などの

役割りも兼ねているので、

めんどくせーとは言わないで、

しっかり下地つくりましょう。

 

化粧下地は、だいたい2種類

・パウダー状のもの

…慣れないと塗りにくい

 

・クリーム状のもの

…慣れてなくても、わりと塗りやすい

※BBクリームなどは、化粧下地も兼ねていますが、ファンデーションで解説します。

 

 

(コンシーラー)

 

コンシーラーは、

シミやクマなどを隠してくれる、

強い味方です。

 

気になるところに、

ちょっぴり乗せて隠していきます。

乗せすぎは禁物ですよ。

 

ファンデーション

 

いよいよ、てか、

やっとファンデーションです。

 

解説は進むにつれて、

どんどん混沌としていきます。

…むっちゃ種類多いねん!

 

タイプは、いっぱい。下へいくほど粉感なくなっていきます。

・パウダー

・プレスト

・クリーム

・リキッド(BBクリームはここ)

・クッション

 

タイプもいろいろだけど、色もいろいろ。

 

ファンデーションのタイプは、

いろいろありますが、

最初は使いやすさで選んでみていいです。

 

まずはお化粧完成させましょ。

 

カバー力も違いはありますが、

ブランドによっても違うので、

これよりこっちって、

言えないところが

悩ましいところです。

 

UVパウダー

 

さいごはUVパウダーなんですが、

ファンデーションやBBクリームには、

UV対策のあるものも出てきているので、

オプション的に考えてみてもいいかもです。

 

ポイントメイク

 

ベースメイクができたら、

お顔がファンデーションで平面になっているので、

目や口そしてお顔の立体感を出していきます。

 

主なポイントメイクは5つ

 

・ハイライト

・シェーディング

・アイブロウ

・アイメイク

・リップ

 

ざっくり解説

 

・ハイライト…明るくして目立たせる(鼻を高く見せる。とか。)

・シェーディング…暗くして隠す(お顔のアゴぶぶんをシュッとさせる。とか。)

・アイブロウ…眉を書く。整える。

・アイメイク…目のまわり。アイシャドウ、アイライン、ビューラー、マスカラ、つけま。など。

・リップ…口紅

 

ウィッグ

 

ここは、

男性だけじゃあなくても、

変身できるので、

挑戦する価値アリです。

 

ショート、セミロング、ロング…

髪型も配色もいろいろあって、

どんどん欲しくなっていきます。

 

美容室でもできますが、

急にショートって、

とっても抵抗ありますからね。

 

男子もお化粧してキレイな見ためをキープしよう!

 

女装ってことになってくると、

衣装なども必要になってきます。

 

「そこまではちょっと」という向きには、

お化粧だけでも、お肌のケアだけでも、

素肌が改善されるので、

見ためキレイになれますょ。

 

まずは、

スキンケアからはじめてみるのがおすすめです。

 

▼おさらい。お化粧の順番▼

お化粧ってなにから始める?
1.スキンケア
 ∟(導入液)化粧水
 ∟美容液
 ∟乳液
2.ベースメイク
 ∟化粧下地
 ∟(コンシーラー)
 ∟ファンデーション
 ∟UVパウダー
3.ポイントメイク

4.ウィッグ

 

追記と雑感

 

突如として現れた、

素肌美人さん。

 

あまりにも素肌がキレイだったので、

勇気を振り絞って聞いてみました。

 

それから、

いろいろとアドバイスをいただきながら、

試行錯誤の男性メイク。

 

スキンケアして素肌がキレイだったら、

お化粧品はなんでも良さげ。

 

そんなボクはBBクリームから始めています。

 

最初から

「化粧落ちねー!どしたらいいの?」

そのままドラッグストアへ

ビオレを買いに行ってきたのは、

懐かしい思い出です。

 

素肌美人さんとは、

もともとのケア状態もちがうので、

そこからボクは、

きっちりスキンケアとお化粧。

 

ファンデーションは、

リキッドとパウダーでの混合戦。

 

ハイライトとシェーディングは

必須項目になっています。

顔おっきいんで。

 

それでも、

どんどんキレイな肌になっていて、

次第にお化粧のノリも良くなってきています。

 

これ!

これが楽しい!

もっともっとキレイにな~れ!

 

あわせて読みたい

 

▼つやメイクの化粧下地ベースはこれ!

ETVOSの技「ミネラルインナートリートメントベース」を使ってみたのでメモ。

 

コメント



タイトルとURLをコピーしました