FX。これどうすんの?「コツコツどかん」の傾向と対策を考えてみた

FXトレードを始めたての時には、

必ずって言うほど誰でも通る

「コツコツどかん」

 

けっこう落ち込むのが

「コツコツどかん!」

 

なんでこうなる?

で、どうすんの?

を考察してみます。

 

 

「コツコツどかん」をどうするか?問題

 

そもそも「コツコツどかん」ってなに?

 

 

“コツコツ利益を積み上げたけど、

1回の失敗でぜんぶの利益が飛んじゃった状態”に

なってしまうこと。

 

 

さいしょのころは、

これ、ぼくもいっぱいありました。

 

ぎゃ、

ぎゃくにできたらいいんじゃね?

 

って思って、

じぶんの意見の逆張り

なんかもしてみたけど、

結果はおなじ。

 

「だれかうしろで見てますか?」

 

FXの市場って、

そんなちいさな市場じゃないので、

たかだか1000通貨でやってるぼくを、

見ているわけはありません。

 

ではでは、

みんなといっしょ状態なのですか?

 

疑心暗鬼になってみても、

なにんにも変わらないので、

お勉強。

 

本や動画から、

テクニカル分析に経済指標、

トレード心理にトレード手法のお勉強。

 

いろいろ試して、

時間もかけて、

やっと作れたマイルール。

 

原因のひとつは

「いっつも入ってたポジポジ病」

 

マイルールを作ってみたら、

いつでも入れないのはあたりまえ。

来たらルールに沿ってしっかりトレード。

その繰り返し。

 

そのあたりを、

じぶんのトレードを振り返ってみて、

検証・考察していきます。

 

 

ところで、ポジポジ病ってなに?

 

チャートを開いたら、

ポジションを持ちたくなって、

いつでもトレードしてしまう状態のこと。

 

チャートの動きは、

そのまま利益になったりするので、

初心者さんは陥りがち。

 

※たとえ上がっている場面でも、

入りかたによっては利益を出せません。

 

 

じぶんのトレードからみた「結論」

 

▼対策はこんな感じで

 

 

マイルールを作ってみる

理由のない、こうなるんじゃね?トレードをやめる

わけなく自己過信もやめる、固執しない。

 

 

▼検証は、さくっとツイートで。

 

 

「コツコツどかん」を反対にできないの?

 

「コツコツどかん」を、

ふつうに反対にできたら、

利益が出せそうです。

 

でもでも、

考え方の出発地点を安易にしてしまうと、

思考じたいが破綻してしまいます。

 

 

いちばん安易な思考だと…

“じぶんの意見の逆張りなんかもしてみたけど、結果はおなじ。”

…これは、さいしょのころの過去のぼく。

 

 

過去のじぶんのトレードからの検証と対策

 

ツイートした、じぶんのトレード傾向から。

対策を考えてみた。メモメモ。

 

●マイルールがなかった、運だのみトレード。

マイルール作って守る。プラス検証と改善。

 

●理由なくこうなるんじゃね?トレード

ポジションを持つ理由が、わからなかったら、ポジション持たない。

 

●利益が出だした→すぐ戻ってくるかも?(すぐ利確)

●逆行った→こうなるはず(まだ待つ)→もうダメ損切

利確も損切りも、「指値」で決められない時は、ポジション持たない。

 

●わけなく自己過信

…理由もなくポジション持ったのに、なんでか考えを切り替えられない状態になってる。

「買ったんだから上がるはず」

その根拠はなに?「上がりそうだから」

チャートの動きはどんどん変わっていくので、

時には思考の転換必要。

これも、ポジション持つ理由がわからなかったら、ポジション持たない。

 

これでまたまた検証と修正。

 

マイルールを作ってはみたものの、

これじゃ入れん!

ぜんぜんあかん!

作ったマイルールを破棄することは、

日常茶飯事でした。

 

負けずに作って検証してたら、

見つかったマイルール。

これも、

守れないと意味がない事もわかったり。

 

マイルールを作ってみる

 

テクニカル分析や、

過去のトレーダーさん達のトレード手法の本などから、

じぶんに合った手法やルールを決めてみましょう。

 

作ってみるとわかること。

ルールにそってトレードするだけなので、

迷わないし少しはストレス減少、

チャートの分析などをする余裕もでてきます。

 

ここも、

ひとつの手法にこだわり続けるのは危険です。

トレード手法の本を残したかたたちの中には、

最終的には破綻していたりするかたもいますので。

 

『似ているチャートの動きでも、

今日の動きは1度だけ。』

 

…いま、いいこと言えた?

 

理由のない、こうなるんじゃね?トレードをやめる

 

過去のトレーダーさんたちの作った、

いろんなトレード手法やテクニカル分析。

どれも100%はありません。

 

ルールを作ってトレードしても、

100%にはならないのに、

はじめたての思惑でポジション持っても、

そりゃあかんゎ。

 

たまに利確できても、

たんなるラッキー。

 

そのうちやってしまうのは、

ムリなトレード危険なトレード。

 

ここまで読んでくれて、

びっくりしたあなた、

だいじょうぶですよ、

過去のぼくのことなんで。

 

「もうはまだなり、まだはもうなり」ですね。

「なんとなく上がりそうだから」は禁句です。

 

 

「もうはまだなり、まだはもうなり」って?

 

もう天井?はまだ上がるかも。

まだ上がるかも?は、もう天井かも。

独自の判断は危ないよ、と示唆してくれている、有名な相場格言。

 

 

わけなく自己過信もやめる、固執しない。

 

ぱっとチャートを見て、

これは上がりそう!

ってポジション持ってません?

 

そんな直感でポジションを持ったのに、

なぜだか確信を持ってる。

 

多少反対に動いても

「こんなことはちがう。はず」

「きっともどってくる、はず。」

 

根拠は?

「じぶんがポジション持ったから」

「それじゃあちょいとお粗末じゃあありんせんか?ご主人さま。」

 

これって資金を飛ばした1かいめ。

これもじぶんの過去の結果。

 

チャートの動きに

柔軟に対応できたらいいんだけれど、

そんなことはぜったいムリ。

 

だってじぶんがポジション持ったから。

根拠もないのに自信過剰。

 

そうです、

これも過去のじぶんのこと。

 

けっこう誰でも通る道のようで

「コツコツどかん」って言葉も

生まれています。

 

やっぱり、

あらかじめ

ルールを決めておくって大切です。

 

やっぱり、マイルールと検証って大切

 

今なら、

FXのトレーダーさんたちの中には、

ブログなどで、取り引き結果を公開してくださってる方もいるので、

見てればわかる気がつく

「全勝ってないんだ」って。

 

そこからどうやって、

収支の結果を出しているのか?

けっきょくのところは、

自分自身のトレードルールに

従っているだけだったりします。

 

 

あわせて読みたい

 

いろいろおぼえていくと、

とっても楽しいFXトレード。

テクニカル分析に経済指標、

さまざまなトレード手法に雰囲気・思惑・心理戦。

ここまでいけたら、あなたもしっかりトレーダー。

 

これからFXトレードを始めるなら、

1000通貨単位で取り引きできる会社で始めると、

多少はリスクを減らせます。

 

▼1000通貨でスキャルピングOK!「ヒロセ通商」使ってます▼

ご紹介!ヒロセ通商で始めるFXトレード【特徴4つ+1と苦手な部分】

 

 

※注意事項

FXトレードは、元本保証の取引ではありません

 

このブログで紹介しているFX関連の記事からの情報は、

必ずしも確実な利益を提供するものではありません。

取引は自己責任でお願いいたします。

 

 

コメント



タイトルとURLをコピーしました