Amazon Audibleの毎月コインで「超スピード文章術」を聴いてみた。

3000文字~5000文字、それ以上文字数の文章やブログ記事。

書いてるうちに、なにを書いていたか忘れてしまって、迷子になってしまう。。

そんな「じぶんで勝手に迷子問題」を解決してくれる本。

 

こういった系統の本は、繰り返し読まないと身につかないので、

聴く読書のAmazonオーディブルがベストチョイス。

 

 

Amazonオーディブルでは、毎月1コインくれて、1冊選べるのですが、今月は【上阪 徹の「超スピード文章術」】を聴いてみました。

 

 

 

 

文章を書くにあたっての道筋の解説本「超スピード文章術」

 

著者の上阪 徹氏は、ビジネス書のライターさん。

いろいろな文章を書くにあたっての、手順を解説してくれています。

 

聴いてみた印象は「アイデアのつくりかた」や「コンセプトのつくりかた」に似た印象。

3冊ともに、読むだけ(聴くだけ)で良くわかりますが、いざ実践しようとすると、けっこうたいへんな本。

 

また、わかった!で終わってしまうのなら、読まないほうが(聴かないほうが)いい本。

 

書きかたが分からないので、良い方法があったら実践したいけど、どう進めたらいいの?って向きにはオススメです。

 

なんでか、書いてるうちに、いっつも迷子になってしまう

 

1000文字くらいまでなら、いきなり書きはじめても、うまくまとまることはありますが、

3000文字以上の文章になると、まちがいなく迷子になって迷走してしまいます。

 

これって、ぼくのことなんですがね(笑)

 

そんな「じぶんで勝手に迷子問題」を解決してくれるお助け本

 

でもでも「これ、ほんとにやるの?」(笑)💦

 

まずは、プロフェッショナルから学んでみることの大切さ

 

書くことで、読んでもらえる文章を書いてみたい、

また、いくばくかのお金を稼いでみたいのであれば、

その道のプロフェッショナルから学んでみるのはどうでしょう?

 

習い事などは、お稽古など、その道のプロフェッショナルから教わるのが、

普通に受け入れられていますよね。

 

ひるがえって書くことは、普段からSNSやメールなどで身近に接しているので、

教わることのハードルは、かえって高く感じられてしまっています。

 

毎日のように書いてるのに、教わるってねぇ。

 

わかります!ぼくもそうでしたから。

 

んじゃ、本でも読んでみましょ。

直接教わるよりは安あがりですし、

そうなんだ!って気付きはきっとあります。

 

自己管理という縛りは付いてきますが、

読んだり聴いたりしていくことで、

その文章は少しずつ少しずつ、

じぶんに刷り込まれていきます。

そんなもののようです。

 



 

文章の道筋や見出しなどがないとこうなる

 

これを言いたい!と書きはじめた文章。

いつの間にやら脱線していって、気がついたらぜんぜん違うことを書いていたり。

 

え?これもぼくのこと(泣)

 

これってあるあるじゃあないですか?

じぶんだけではないはずです。

 

…ひょっとして、じぶんだけ?💦

 

そのあたりの改善策を、この本にまとめてくれています。

書くことスピードアップのおまけ付き。

 

プロフェッショナルから学んで実践してみるとスピード成長できる

 

お稽古なども、お師匠さんが居るから、どっちに進んでいるかがわかります。

逸れていったら、すぐに修正してくれるので、成長のスピードは超早い。

 

でも、書くことで、お稽古ってねぇ。

 

お稽古でなくても、せめて指標となるものがあれば、自信をもって進んでいけます。

書くことに関しては、この本がその指標の1つになりそうです。

 

ところで、著者自身、締め切りのはるか手前には、原稿を書きあげているそう。

「見直しすることもできる」ということらしいのですが、言うは易く行うは難し。

そんなスピードアップの方法も書いてくれています。

 

締め切りを守ること。

これ、実際にやってみると、じぶんで決めた期限も、はるか後ろのほう。

…これもぼく。

ぜんぜんダメじゃん!ってことで、きょうもこの本を聴いて刷り込んでいます。

 

あわせて読みたい

 

これまでにないスピードで、どんどん変化していく働き方やネットなどの環境。

学びつづけなければ置いていかれてしまいますょ。

 

手軽に学ぶ方法は2つ。

本を読む。

本を聴く。

…え?聴く?

 

▼こんなかんじです▼

 

そもそも、本を読む時間がないよ!…っていう、そこのあなた。

ながら聴きできるAmazonオーディブルなら、むっちゃ手軽に聴く読書ができちゃいますょ。

せっかく本を買っても、積ん読になっているなら、ながら聴きで回収しちゃいましょ。

スマホアプリで手軽にはじめる。聴く読書ならAmazonオーディブルで。

▶ いまさら聞けない聴く読書Amazonオーディブルってなに?3つの良いところ

 

いやぁ、やっぱ本でしょ。ってかたは、こちらを参考にしてみてください。

スマホアプリで手軽にはじめる。電子書籍で読書ならkindleUnlimitedで。

▶ Amazon【kindle Unlimited】をオススメする理由【prime reading】との違い

 



 

コメント



タイトルとURLをコピーしました