【OBSstudio】シーン追加と画面合わせの手順

OBSstudioでの、シーン追加と画面合わせの手順です。

知っていると、あっという間なのですが、

知らないと、むっちゃ時間がかかるので、

サクッと読んでおぼえちゃってください♪

※OBSstudioの基本設定が完了しているところからの、

追加設定となります。

シーン追加と画面合わせの手順

今回は、画像の黄色い囲みのところを設定していきます。

録画の準備段階では、

「シーン」を作って、中に「ソース」を作り、

録画をはじめることになります。

▼完成画面です▼

さっそく始めていきましょう。

シーンの追加

左下の+からはじまります。

名前は後からでも変更できますが、わかりやすい名前にしておきます。

ソースの追加

作った「シーン」に「ソース」を追加します。

図のように進めると、

▼ソースの作成画面が出てくるので▼

名前をつけてOKをクリック。

▼作るソースのプロパティが開きます▼

取り込むウィンドウを選択してOK。

※今回は、Windowsに入っているペイントを、読み込んでいます。

ブラウザなども読み込み可能です。

開いていて最大化しているウィンドウが選択肢に出てきます

つぎは、読み込んだウィンドウを、録画画面に合わせていきます。

選んだ画面をOBSstudioの録画画面に合わせる

2段階で合わせていきます。

1.はみ出してる部分をなおす

2.すき間ができていたらなおす

赤い枠で囲まれた部分が、選択されている画面ですが、

OBSstudioの録画画面から、はみ出しています。ここを合わせていきます。

※はみ出してる部分はシマウマみたいになっています。

これで、シマウマみたいになっているところは無くなりましたが、

上下にすき間ができています。ここも無くします。下の図。

※すき間部分は黒くなっているので、要注意です。

これで、録画の準備は完成です。

▼完成画面▼

誤作動防止のために、するといいこと

録画中でも、パソコンの操作をする場合があるので、

誤作動防止のために、ロックしておきましょう。

おなじとこをクリックすると、ロックは解除されるので、

修正はロックを解除してからおこないます。

まとめ

 

OBSstudioでの、基本設定が完了しているところからの、

シーン追加と画面合わせの手順でした。

●シーン追加と画面合わせの手順
・シーンの追加
・ソースの追加
・選んだ画面をOBSstudioの録画画面に合わせる
・誤作動防止のために、するといいこと

いかがでしたでしょうか?

少しでもお役に立てたらうれしいです。

 

あわせて読みたい

 

ゲームに動画録画に必須なキャプチャーボード。

キャプチャーボードBasicolor3217は、初めてのキャプチャーボードに最適。

安いし、つなぐだけで設定完了なところもポイント高いです。

▼キャプチャーボードBasicolor3217のレビュー記事はこちらから▼

安いキャプチャーボード Basicolor3217 を使ってみた

 

コメント



タイトルとURLをコピーしました