DTMとDAWと…なに?超初心者からみた感想や希望的観測

DTMとエアロフォンが気になっていて、

なにがどこまでできるか?を調べたので、

わかんない言葉とかまとめつつ、

現状での感想と希望的観測を残しておきます。

調べることになった発端は、

エアロフォン演奏だけでも、楽しそうだけど、

どうせなら曲にしてみたい!

カラオケもいろいろありそうだけど、

全部エアロフォンの演奏でもできなくね?

どうなんだろ?

具体的には?…

エアロフォンで、ベースや和音の楽器を作って、

ドラム入れて、聞きながらエアロフォンで演奏。

できるん?どうやって合体させるん?

どんどん分からないことが出てきます。

ググって出てきたのが「DTMとDAWと」その他いろいろ。

ってことで、さっそくまとめていきます。

DTMとDAW

おそらく、一番最初に目にすることばが「DTMとDAW」。

ひとことで言うと「パソコンで音楽作っちゃおう!」です。

DTM

…デスクトップミュージックの略らしい。Rolandさんが作った言葉。

…コンピューターミュージックのことね

パソコンにソフトを入れて、音楽をつくれる。

楽器がなくてもOKだけど、なにかしら楽器ができれば、

楽器をパソコンにつないで、他のパートの音の演奏に変換できる。

イチからも作れる。

音源もいろいろある。

の全般がDTM。

スターターセットまであるんだ

やりたいことで、揃えるセットが変わるところが、写真と同じ感じです。

DAW

…デジタルオーディオワークステーションの略

コンピューターミュージックに使うソフトのこと

DAWは、DTMに含まれています。

種類も機能も、いっぱいあるので、

どこまでやりたいか?で、選ぶソフトが変わりそうです。

デスクトップミュージック「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」~

下のウィキペディアからの抜粋記事を読んでいる限りですが、

機械的な音になりそうな感じです。

以下引用です。

DTMの長所・短所[編集]

通常の楽器演奏と比較した上でのDTMの長所・短所として以下の点が挙げられる。

  • 長所
    • 楽器が弾けなくても、パソコンの画面上の譜面に音符や休符を置いていけば、演奏可能となる。
    • 楽器が弾ける人でも、自分のパート以外をパソコンに演奏させて、マイナスワン演奏(楽器版カラオケ)が楽しめる。それに関連して、特定のパートの楽器奏者が身近にいない場合、その代用として使える。
    • 自分の演奏をパソコンに記録し、記録したデータを容易に修正することが可能である。
    • インターネットを利用して演奏データをやりとりすれば、場所や時間を越えた共同作業も可能である。
    • 一般的な「楽器」という定義にとらわれない音を生み出すことも可能である。
  • 短所
    • 音源により差はあるが、楽器の響きをコンピュータで出すので、実際の楽器の音を完全には再現できない。
    • 通常の楽器演奏の臨場感を再現するのは困難である。

DTMに必要なもの[編集]

パソコンとシーケンサーソフト
パソコンを中心とするため、パソコンとシーケンサーソフトは必須である。WindowsMacintoshのどちらでもDTMは可能だが、シーケンサーソフトの中には片方のOSでしか動作しないソフトもある。ソフトウェア音源の利用やパソコン上での音声データの編集など高速な処理を要する作業を行うのであれば高スペックのパソコンが必要となるが、そのような作業を行わないならば、対応OSなどの条件を満たす限り1990年代のパソコンでも十分利用可能である。
音源モジュールもしくはソフトウェア音源
2000年代前半頃までは、パソコンでの処理速度や操作性を考慮すると音源モジュールは必須であると考えられていたが、現在ではパソコンの性能向上に伴い、ソフトウェア音源のみで処理することもできるようになった。新たにDTMを始める際で音源モジュールを選択する場合、音源モジュールは複数の音色を同時に再生可能なマルチティンバーのもので、一般的な楽器音が揃っているタイプが望ましい。条件に当てはまる音源として後述のGM対応の音源モジュールが挙げられる。
スピーカーまたはヘッドフォン
音源モジュールにはスピーカーがついておらず、音を出すために別途スピーカーまたはヘッドフォンが必要である。
MIDIキーボード
マウスなどの入力機器でプログラミング(入力)することも出来るので、リアルタイムレコーディングを望まないのならば必ずしも用意すべきというものではない。

キーボードは、あったほうが便利そうだけど、

エアロフォンだけで、できないの?

昔ながらの、スタジオでの録音を思い出しつつ、考えてみます。

昔ながらのスタジオ録音…

別々のトラックにして、

・ドラム録る、

・ドラム聞きながらベース録る、

・ドラムとベース聞きながらキーボードやギター録る、

・ドラムとベースとキーボードやギター聞きながらサックス録る

確か、こんな感じ。

…ドラムだけはエアロフォンじゃ無理そうだけど、他のパートはできるんじゃね?

DTM、あったほうが良さそう!

音ずれなんかも防げそう!

てか、無いとそもそも手間かかりそう。

エアロフォンについて

サックス運指の、管楽器型のシンセサイザーです。

Rolandさんから、3種類出ています(2020/9/29現在)

おなじ系統で、EWI(イーウィ)もありますが、

サックスを吹いていたので、運指が同じエアロフォンで解説です。

音源がいろいろあるので、

これだと、サックス運指で、各パートの演奏取り込みができそうです。

ドラムが…むり?(笑)

使い勝手は最新機種のAE-05が良さげですが、

音の感じはAE-10のほうが良さげで、

AE-10購入を考えています。

詳細は、こちらの記事にまとめていますので、

よろしかったらどうぞ。

エアロフォンAE-10がいい!かも?

まとめ

エアロフォンの演奏が、できることが前提ですが、

DTMのシステム?で、いろいろできそうです。

こうしたい!を前もって決めておかないと、

加工やらに時間が消費されてしまいそうで怖いですね。

こり始めたら沼?(笑)

 

▼楽天市場でDTMセットを見る▼


【送料無料】フォーカスライト オーディオインターフェイスセット Scarlett 2i2 Studio 3rd Gen +デスクアームマイクスタンド

▼アマゾンでDTMセットを見る▼


Focusrite フォーカスライト Scarlett Solo Studio Pack (3rd Gen) アマゾンオリジナル DTMセット (マイクスタンドx2/ポップガード付属) 【国内正規品】

 

▼楽天市場でエアロフォン♪▼


【在庫あり】Roland ローランド / Aerophone AE-10G エアロフォン グラファイトブラック デジタル管楽器 【アップグレードサイレント練習セット】【送料無料】【YRK】

▼アマゾンでエアロフォン♪▼


ローランド Roland AEROPHONE AE-10 (ケース付) 【純正交換用マウスピース・ヘッドホン・教則本/スタンドセット】

コメント



タイトルとURLをコピーしました