ゲームをブログにするまでの流れ【まとめ】

ゲームをして動画を録っていく。

から、ブログ記事を書いていく。

までの流れをまとめています。

そのために必要だったこともまとめています。

※大好きなスカイリムで解説しています。

ゲーム録画をブログにする流れ

いきなりですが、✨ゲーム大好き!✨

ゲームをプレイしたら、いつでも見れるようにしておきたい。

そんなときに読んでみてください。

ということで、さっそく流れと必要事項です。

※PS4とXboxoneで録画しています。

1.ゲームをする+動画を録っとく

2.YouTubeにアップする

3.ブログで保管と解説記事にする

おおまかに分けると、3つの工程です。

それぞれ見ていきます。

1.ゲームをする+動画を録っとく

やりたいゲームが、最新のゲームであれば、

おそらくゲーム機自体での録画が可能ですが、

よくよく確認しておかないと、録画の長さの制限があったりして、

あとからキャプチャーボードや、パソコンのOBSstudioが必要になってきて、

当初の予算オーバーということになってしまいます。(経験済み)

やりたいゲームのゲーム機が、ゲーム機単体でどこまでできるか確認しよう。

◆ゲームの録画

ゲームプレイを録画するところまでです。

ゲーム機の選択から、録画に必要なものまでを書いています。

録画を前提に買うゲーム機

・PS4の場合

・Xbox oneの場合

ゲーム録画をするためのキャプチャーボードGC550PLUS

ゲーム録画をするためのパソコンとOBSstudio

◇録画を前提に買うゲーム機

※PS4とXboxoneで録画しています。

タイトルが、そのゲーム機だけでの販売であれば、選択肢はありませんが、

同時に、別のゲーム機でも発売されている場合、

ゲームによっては、ゲーム自体で出来ることに制限があってりするので(mod関係など)、

よく確認してくださいね。

・PS4の場合

PS4だけでも録画が可能です。

さらに、そのままYouTubeにアップすることまでできてしまいます。

※例としてのスカイリム

mod関連での話です。基本的な部分はほぼほぼ変わらない感じです。

PS4では、キャラクターメイキング関連のビジュアルに制限がかけられていたりします。

キャラクターメイキング関連で楽しむなら、スカイリムであれば、XboxoneかPC版です。

PC版の場合、ある程度のパソコンのスペックが必要です。

グラフィックボードが必須です。

・Xbox oneの場合

録画時間が短いので対策が必要です。

パソコンのスペックアップとOBSstudioなどを用意しておきます。

※例としてのスカイリム

modプログラムが、すべて使えるわけではありませんが、

ある程度のビジュアル変更に対応してくれています。

Xboxoneで、modをいれてみて、

もっと!ということであれば、PC版です。

PC版の場合、ある程度のパソコンのスペックが必要です。

グラフィックボードが必須です。

ゲーム録画をするためのキャプチャーボードGC550PLUS
※PS4の場合、単体での録画とYouTubeにアップができるので、

加工が不要であれば、この項目は、飛ばしてください。

キャプチャーボードは、たくさんありますが、

PS4とXboxoneであれば、

HDMIでの録画ができるので、GC550PLUSでだいじょうぶです。

しかしながら、ゲーム機によっては、

HDMIだと制限がかかる場合があるので、

PS3などのゲームを、と考えると、

過去の三色のコードでつなげるキャプチャーボードが必要になったりします。

使っているキャプチャーボードのことは、

こちらでくわしく書いています。

キャプチャーボードってなに?キャプチャーボードGC550PLUSを設定してみた

ゲーム録画をするためのパソコンとOBSstudio

ゲームの録画を、パソコンで!となった場合です。

※PS4の場合、単体での録画とYouTubeにアップができるので、

加工が不要であれば、この項目は、飛ばしてください。

この項目での流れは、こんな感じです。

そこそこのスペックのパソコンを用意する。

キャプチャーボードを用意してつなぐ。

録画ソフトを用意する。

今現在(2020/6現在)、PS4とXboxoneでゲームの録画をしています。

この組み合わせの場合は、

録画までであれば、パソコンのスペックは、最高スペックでなくてもできています。

グラフィックボードは積んでいません。

参考記事を載せておきます。

ブログを書く。ゲーム動画を録画する。に使うパソコン。

録画用のソフトですが、無料でいろいろできるので、OBSstudioがおすすめです。

詳細は、長くなるので、別記事にしています。

OBS studio の使い方【まとめ】

2.YouTubeにアップする

PS4の場合ですが、ゲーム機だけで、YouTubeにアップできてしまいます。

Xboxoneでは、そもそも録画時間が超短いので、パソコンとOBSstudioでの保存が必要です。

アップロードの手順は、こんな流れです。

YouTubeをブラウザで開いて、

右上にある、ビデオカメラのアイコンから、

動画をアップロードを選択しておこないます。

※チャンネルの開設が必要ですょ。念のため。

3.ブログで保管と解説記事にする

動画自体の保管は、元動画をPS4やパソコンに保管ですが、

せっかっくなので、ブログで整理しておきましょう♪

自分的ゲームの歴史です(笑)

この項目で、必要なことはこんな感じです。

ドメインとサーバーを用意する。

WordPressと知識をおぼえて使ってみる。

マインドマップでまとめておく。XMindがおすすめです。

ドメインとサーバー

無料のブログサービスでも、基本的には大丈夫ではあるのですが、

ブログサービスの終了や、先々、独自ドメインでの運用を考えているのであれば、

独自ドメイン取得とレンタルサーバーは、必要になると思います。

ドメインとレンタルサーバーについては、まとめ記事を書いています。

アフィリエイトのはじめ方がくっついていますが、

ドメインとレンタルサーバーについて書いていますので、

参考にしてみてください。

ブログとアフィリエイトのはじめかた【まとめ】

WordPressと知識

ブログをはじめると、ほぼほぼ機能的なことに不満が出てくると思います。

そこで、WordPressの出番となります。

WordPressは、無料で使える、ブログのシステムをもとにした、ホームページの作成ソフトです。

ほんとにいろいろな機能が追加していけるので、いじくりだすとキリがないほど、たくさんの機能があります。

好みにあわせて、機能が追加できますし、いらない機能は入れなくてもOKなので、

自分好みにカスタマイズが可能です。

詳細は、こちらの記事のWordPressの項目に載せていますので、

参考にしてみてください。

ブログとアフィリエイトのはじめかた【まとめ】

マインドマップでまとめるXMind

マインドマップ自体は、必須ではありません。

しかしながら、使えると便利です。

そもそもマインドマップってなに?

思考の整理・連想・展開、記憶の整理や発想をしやすくするもの。(Wikipediaより)

思考の整理に使うマインドマップですが、

ブログやプロジェクトの管理など、様々な用途に使えるので、

あると便利なので、おすすめです。

ここで紹介するXMindは、基本機能が無料で使えます。

使っていて、機能の拡張が、どうしても必要になってきてたら、

全部の機能入りの有料版もありますが、

無料で使える範囲で、たいていのことができてしまいます。

詳細は、こちらの記事を参考にしてみてください。

マインドマップ XMind 【まとめ】

まとめ

✨ゲーム大好き!✨

そこまででなくても、せっかくなので、

プレイしたゲームを残しておきましょう♪

【✨あなたがゲーミングライフを満喫できますように✨】と祈りつつ。

にいけん。

この記事で書いたこと

ゲーム録画をブログにする流れ
1.ゲームをする+動画を録っとく
◆ゲームの録画
◇録画を前提に買うゲーム機
・PS4の場合
・Xbox oneの場合
ゲーム録画をするためのキャプチャーボードGC550PLUS
ゲーム録画をするためのパソコンとOBSstudio
2.YouTubeにアップする
3.ブログで保管と解説記事にする
ドメインとサーバー
WordPressと知識
マインドマップでまとめるXMind

この記事に載せた関連記事です。

キャプチャーボードってなに?キャプチャーボードGC550PLUSを設定してみた

ブログを書く。ゲーム動画を録画する。に使うパソコン。

OBS studio の使い方【まとめ】

ブログとアフィリエイトのはじめかた【まとめ】

…ドメインとレンタルサーバー、WordPressの記事を含んでいます。

マインドマップ XMind 【まとめ】

…あると便利なツール。

コメント



タイトルとURLをコピーしました