【information】

このホームページには、
アフィリエイト広告や
プロモーションが含まれています。
ご意見ご要望、ご感想等は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせフォームへ

うつ病と社交不安障害と自己肯定感のこと

そもそも精神疾患をわずらったら自己肯定感は下がる

 

これはホントにそう。

自己肯定感って、

ありのままの自分を

そのまま受け入れること。

 

そんなの無理。

だってなんにもできなくなるから。

 

そんな自分を

そのまま受け入れるなんて

無理がある。

 

じゃあちょっぴり

考え方を変えてみようか。

 

そのままの自分で良しとして受け止めてあげて

 

頑張り過ぎてきたから

今ダウンしちゃってる。

 

これまで良く頑張ってきたよ私。

そう言ってあげて。

まずはそこから。

 

寝たいだけ寝てもいいの。

寝られない夜があってもいいの。

うつうつとしててもいいの。

 

頑張り過ぎてきたから

脳が「ちょいと休みな」

って伝えてくれているのだから。

 

中島輝さんの本にあるように自分に○をつけていくといいよ

 

おもいっきりハードルを下げて、

朝だろうが夜中だろうが

「起きれたら小さな○」をつけてあげよう。

 

起きれたら○

ご飯を食べれたら○

これを読めたら○

ネットやYouTube観れたら○

歯磨きできたら○

 

…なんでもいいから

何かしらできたら

○をつけてあげよう。

 

少しずつ少しずつ「自分に○」をつけていくと、

ちょっぴりずつだけど気が楽になるよ。

 

ただそこに居るだけで、あなたには価値がある

 

とはいえ、

そう思えないことは、

ぼくがいちばん良く知っている。

 

体験済みだから。

 

それでも少しずつ○を

増やしていくと

気が楽になるし、

そんなあなたのことが

ぼくは大好きだ。

 

これを読んでくれているそこのあなた。

 

騙されたと思って、

自分に小さな○をつけてみて。

辛かったら寝てもいいの。

 

眠れた自分に○ね。

 

最後にひとこと。

中島輝さんの本を読んで良かった。

 

あわせて読みたい

 

自己啓発も自分軸も自己肯定感があってこそ活きる

 

 

タイトルとURLをコピーしました